オーラ由美子のHello SI-V

思考がシンプルになる!
現実化が加速する!
オーラが輝き、夢が叶う!

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チューニングできると変わる | main | 再生から新生へ1 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
友人知人達のブログで、最近
コミュニケーションに関するシンクロがありました。

 
それは

依存に関するコントロールドラマや
自分の中の怖れや怒りを
身近な相手に投影する話題でした。


他者を攻撃する人の多くは
自分の中に怖れや怒りを
持っています。


そうでなければ

相容れないことがあり
反論などをする場面でも


「攻撃」はしません。


怒りがある場合も
ぶつけるのではなく

ストレートに
表現することができます。


それは
自分と相手を信頼しているから
できることです。


そして

相互に信頼できる時は
相手に任せたり
助けを依頼することもできます。


甘えからの全面依存でなければ

必要な時には
他者に助けてもらっていいわけです。

外側の力に頼るなと言うのは
自分の力を信じていない
依存に対してです。


自分にできることとできないことが
明確にわかっていれば
必要なヘルプは依頼できます。


そういう時の外側への信頼は
実は自分を信頼しているからできることです。


外側だけに 
力を譲り渡すのとは違います。
 

逆にまた、頑なに
全て自分だけでやろうとする時は

実は自信がない時と言えます。
 

自己信頼がない時は

自分が関わる周りの世界を
自分が創り出しているということを
信頼できませんから。


これは、私自身も
何度も体験しています。

ですから

外側の不調和にイライラして
それが溜まっていくと 
エゴイスティックな
怒りが充満していきます。


怒りそのものは、悪ではありません。

その言及は別の機会に書きますが

低自我の自分勝手な怒りは
自分のエネルギーも
周りのエネルギーも下げ

自己信頼も失っていきます。


根拠のない傲慢な自信もどきと

湧き上がってくる誇りある自信とは


似て非なるものだと
最近改めてつくづく思います。


こう書いている私自身が
自信と自信もどきを混同し


同様の人との
引き合いもしてもきたからです。


同様の内容の記事をあちこちで
見聞きするのは
様々な方が
最近体験したからではないかと
思います。


特に日本は、昨年の311以降
別世界に入り

各々の思い込みによる
信念対立を経験した方が
多いですものね。


でも、今年に入ってからは
私の周りはどんどん変わってきて
人間関係も変化してきています。


世界全体を見ると
「信頼できない」外側は 
存在はしています。


でも、自分の関わる世界への
信頼度は高まっています。


自分の方向や意図が明確になる毎に
そしてそこで的確なチューニングができる毎に

外側への信頼は高まっていきます。

それは

外側は、内側の反映なのだと
再認識できたからでしょう。



今の世界では
自分の内側を知りたい時は


まず冷静に
自分の周りの外側の現実を見ることが
実は瞑想にもなります。


内側を整理するためには
目を閉じる瞑想も使えますが


現実創造には
目を明けて見ることが大切です。


今あなたは
身近な外側の世界を
信頼できていますか?


目を開けて、よく見てみて下さいね。


目を閉じて心と頭を沈めるのは
寝る前にゆっくりいきましょう。





  














| 17:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
| 17:55 | - | - | - |









url: http://sivyumiko.jugem.jp/trackback/1641